2012年04月30日

豆本づくりの道具たち(Adobe Illustrator)



豆本づくりにおいても、道具のひとつとしてPCが挙げられます。
PCなくしては、もはや手づくり豆本は作れないと言うのは、言い過ぎでしょうか。
もちろん全部手書きでも可能ですが、PCを使ったほうがダントツにラクちんです。
ことに絵本豆本ではなく、既存の作家の文章を読ませる本となると、本文がなければ始まりません。
PCを介してプリンターでの印刷をしたり、装丁のデザインなどをするのに利用します。

さて、昔から?のことわざですが、「パソコン、ソフトがなければただの箱」と言われています。
どんなに高スペックのPCであっても、使い勝手のいいソフトウェアがインストールされていなければ、スペックを活用できません。
現在のPCは、頻繁に利用されるであろうアプリケーションはバンドル/インストール済みで販売されてはいますが、豆本づくりのような、専門的にマニアックな使用目的のアプリケーション類は導入されてはいません。

その代表格?なアプリケーションのひとつがAdobe Illustratorです。
製本やDTPなどのページレイアウトとデザインのツールとしてAdobe InDesignがありますが、わたしはIllustratorの方を使っていますし、またおすすめします。
ですが、、思いっきりおすすめしたいのはヤマヤマなのですが、どうにも価格が高いのが悩みどころです。
けれどこのAdobe Illustratorは、この値段だけの価値のある商品ではあります。

それとあともうひとつ、Adobe IllustratorはAdobe Photoshopなどの画像処理ソフトの描画方式とは異なり、ベジェ曲線というちょっと妙ちくりんなものとパスというものを扱わなくてはならず、この操作に慣れるまでがひと苦労ということがあります。

本文をつくるだけであるなら、Microsoft Office Wordでも可能ですし、PCにバンドル済みの多いアプリケーションなので、実際に使っている方も多いと思います。
ネットで本文づくりについて検索すると、Microsoft Office Wordでの作成が多いことでもうなずけます。

PCでの作成において、どのツールを使うかは利用者の好みですが、わたしはぶっちぎりでAdobe Illustratorを押します。
(Adobeの回し者か?)
PCの創世記?からパソコン(当時はマイコンと言いました、いつの時代だ(笑))とソフトウェアを使い続けてきた者として、デザインアプリケーションに於いては、Adobe製品と肩を並べるものは、ほとんど無いと言えます。

新しいバージョンになるにつれ、機能もより充実し、使い勝手もとてもよくなっています。
現在の最新のバージョンであるAdobe Illustrator CS5はアートボードも複数作れるようになって、百ページを越す本文を作成する場合にもとても便利になっています。
Adobe Illustratorは特に強力なテキスト処理を備えていますし、本文以外にも装丁のデザインにも重宝します。
Adobe Photoshopと連携して、画像データの配置もスムーズで、ネット配信用にPDFの書き出しもできるので、いろいろと活用できます。

あたし的には★5つと言いたいところですが、お値段のことがありますので、★★★★4つということにしておきましょう。
Adobeへの希望としては、5万円を切る価格にできないものか切に願います。
posted by 吉祥 at 05:52| Comment(0) | 道具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]