2012年06月13日

丸背の練習

丸背.jpg

丸背の練習を兼ねて「銀河鉄道の夜」の豆本を何冊か作ってみました。
「銀河鉄道の夜」は280ページ以上ある豆本としてはかなり分厚い豆本です。
丸背の練習にはもってこいの厚さなので、やってはみましたが、やっぱり何冊つくっても難しいですね。

本来の丸背の構造というのは、背を糸で綴るときに出来る本文との厚みの差が、自然と丸みとなって丸背が出来上がるものです。
ですが、豆本の場合は大きさに対して、本文の紙の厚みも、綴る糸の太さも、どうしても普通サイズの本とは比率が異なるので、自然に任せていたのでは、美しい丸背はできません。

それを無理やりに丸く収めさせるのですから、いろいろと支障が出たりします。
技術が未熟なところにもってきて、それですから、やれやれって感じですけれど、徐々には上達していると信じましょう(^◇^)

今回は、装丁カバーができたら、これらを収める箱もつくってみたいと思っています。


posted by 吉祥 at 03:27| Comment(0) | 豆本づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]