2012年04月30日

豆本づくりの道具たち(Adobe Illustrator)



豆本づくりにおいても、道具のひとつとしてPCが挙げられます。
PCなくしては、もはや手づくり豆本は作れないと言うのは、言い過ぎでしょうか。
もちろん全部手書きでも可能ですが、PCを使ったほうがダントツにラクちんです。
ことに絵本豆本ではなく、既存の作家の文章を読ませる本となると、本文がなければ始まりません。
PCを介してプリンターでの印刷をしたり、装丁のデザインなどをするのに利用します。

さて、昔から?のことわざですが、「パソコン、ソフトがなければただの箱」と言われています。
どんなに高スペックのPCであっても、使い勝手のいいソフトウェアがインストールされていなければ、スペックを活用できません。
現在のPCは、頻繁に利用されるであろうアプリケーションはバンドル/インストール済みで販売されてはいますが、豆本づくりのような、専門的にマニアックな使用目的のアプリケーション類は導入されてはいません。

その代表格?なアプリケーションのひとつがAdobe Illustratorです。
製本やDTPなどのページレイアウトとデザインのツールとしてAdobe InDesignがありますが、わたしはIllustratorの方を使っていますし、またおすすめします。
ですが、、思いっきりおすすめしたいのはヤマヤマなのですが、どうにも価格が高いのが悩みどころです。
けれどこのAdobe Illustratorは、この値段だけの価値のある商品ではあります。

それとあともうひとつ、Adobe IllustratorはAdobe Photoshopなどの画像処理ソフトの描画方式とは異なり、ベジェ曲線というちょっと妙ちくりんなものとパスというものを扱わなくてはならず、この操作に慣れるまでがひと苦労ということがあります。

本文をつくるだけであるなら、Microsoft Office Wordでも可能ですし、PCにバンドル済みの多いアプリケーションなので、実際に使っている方も多いと思います。
ネットで本文づくりについて検索すると、Microsoft Office Wordでの作成が多いことでもうなずけます。

PCでの作成において、どのツールを使うかは利用者の好みですが、わたしはぶっちぎりでAdobe Illustratorを押します。
(Adobeの回し者か?)
PCの創世記?からパソコン(当時はマイコンと言いました、いつの時代だ(笑))とソフトウェアを使い続けてきた者として、デザインアプリケーションに於いては、Adobe製品と肩を並べるものは、ほとんど無いと言えます。

新しいバージョンになるにつれ、機能もより充実し、使い勝手もとてもよくなっています。
現在の最新のバージョンであるAdobe Illustrator CS5はアートボードも複数作れるようになって、百ページを越す本文を作成する場合にもとても便利になっています。
Adobe Illustratorは特に強力なテキスト処理を備えていますし、本文以外にも装丁のデザインにも重宝します。
Adobe Photoshopと連携して、画像データの配置もスムーズで、ネット配信用にPDFの書き出しもできるので、いろいろと活用できます。

あたし的には★5つと言いたいところですが、お値段のことがありますので、★★★★4つということにしておきましょう。
Adobeへの希望としては、5万円を切る価格にできないものか切に願います。
posted by 吉祥 at 05:52| Comment(0) | 道具

豆本づくりの道具たち(カッター)

dougu01.jpg

モノをつくるためには、多かれ少なかれ道具というものが必ず必要です。
その道具が使い易いかどうかで、仕上がりの出来のよしあしを左右すると言っても過言でないかもしれません。

ということで、今日はわたしの豆本づくりのお道具たちをご紹介します。
と言っても、特別な道具はほとんどなく、普通の文具類でまかなえます。
きちんとした製本をするのには、特別な道具が必要らしいのですが、豆本の場合には工夫で代用の道具で済ませることができます。

写真はわたしの豆本用のお道具箱のひとつです。
ケースは100均で300円で買ったケースです。
(100均なのに300円なのはちょっと納得できないけど(笑))
このケースは高さが180mmほどあり、ペン類を立ててフタをして収納できるので重宝しています。
フタをして収納できないと埃がかぶるので(家はあまり掃除をしないので埃っぽい(笑)猫の毛も飛んでるし)フタは必須、加えて透明なので中身もよく見えるし。

文具類は100均で間に合うものもありますが、品質はどうにも100均でしかないので、どうでもいいような仕切りやケースなどは100均で調達しますが、カッターなどはちゃんとしたメーカーのものを使っています。

今日は道具の筆頭カッターのレビューをしてみようと思います。
豆本づくりでは、紙を切ることが頻繁なので、カッターの使い勝手は重要です。
今まで使っていたカッターの使い勝手がイマイチだったので、新しいイイのに買い換えてみようかと思いました。
近所のDIYショップには、いろいろなメーカーのカッターがピンからキリまで並んでいます。
ハテ?どれを選んだらいいものやら、途方に暮れてしまうほど種類があります。

道具というのはとにかく使ってみないことにはわからないものですが、店頭に並んでいるのはプラスチックのパッケージに入って、握り具合を触ってみることもできません。
店員さんに聞いたところで、おそらく使い具合はわからないでしょうし。
しょうがないので、そこそこの値段で、使いやすそうなものを買って帰りました。
パッケージを開けて触ってみた感触で、「こりゃ失敗した。。。」と思いました。
案の定、切れ味もイマイチでした。

そこでどうにも悔しいので、Amazonで探してみることにしました。
こんなときは、藁にもすがる思いでAmazonのレビューを参考にしました。
そして購入してみたものが↓以下のカッターです。

  

結論から言いますと、Amazonのレビューはかなりあてになります♪
Amazonでのレビューも参考に読んでいただけるとわかりますが、このカッターはとても使い良いです。
特に左側の大きいタイプのものは、グリップも握りやすく、滑りにくいようにラバーもついていますし、刃もガタつくこともなく、切れ味も抜群です。
形状やカラーもスタイリッシュで、かなりなイケメン?です(笑)
右側のスリムタイプのものも、より細かい作業用に買ってみましたが、わたしは大きいタイプのカッター1本で細かいカットもこなせると思っています。
(豆本の場合は細かいと言っても、直線切るだけなので)

OLFAというメーカからは、他にもいろいろな種類のカッター類が発売されていますが、わたしもいくつか持ってはいますが、その中でもこのふたつの商品はダントツに使いやすいタイプだと思います。
同じメーカーであっても、似たような形状なのに、微妙に使い心地が違うものです。
こればかりは実際に使ってみないことにはわからないことなのですが、もしカッター選びに迷ったならば、このカッターをおすすめします。

あたし的には★★★★★5つです!!!!!
posted by 吉祥 at 04:23| Comment(0) | 道具

2012年02月01日

道具リンク

豆本づくりに使う道具類を集めてみました。

      






posted by 吉祥 at 20:23| Comment(0) | 道具

2012年01月19日

裁断機


saidanki.jpg

事務用品メーカー?のCARLネットショップで裁断機(ディスクカッター)を買ってみました。

豆本を作るには、紙のカットは絶対必要作業、
だけどハンドカッターを駆使して、正確に垂直に真っ直ぐに切るのは、かなりの労力がいる。
特にわたしの場合、カットラインに沿って当てた定規がずれないように、左手で押さえる作業がかなり苦手。
(ほとんど体力なしの虚弱体質?なので)
そこでその労力を何とかラクちんにできないものかと、ディスクカッターなるものを買ってみた。

豆本に限らず、紙ものの製作には正確なカットが欠かせないが、豆本のようなより小さいものの制作には、1mmのずれは大きい。
誤差は0.5mm内には収めたい。

果たしてこのディスクカッターなる機器で対応できるだろうかと、購入を考えていたけれど、とにかく道具というものは、実際に使ってみないことにははじまらない。
価格は9000円近くでちょっと躊躇したけれど、よい道具というものは高いと相場が決まっているものだし、安物買いの銭失いほどつまらないものはないので、購入を決めた。

で、結論から言いますと、ビンゴ!
かなり使えます\(^o^)/

裁断可能枚数はPPC用紙20枚だけど、わたしは1枚ずつ切ることが多いので、問題はなし。
ボール紙も1mm程度までなら切れるようだけど、2mm程度までOKかも?
小口のカットにも使えるかも。

もちろんハンドカッターでの作業は併用して必要だけど、これで随分作業が軽減化される。
せっかく大枚はたいて買ったので、この道具を使い倒したいわたしです。


posted by 吉祥 at 22:11| Comment(0) | 道具