2012年05月14日

NTラシャ

takeosample_A-1.jpg


NTラシャという用紙を買ってみました。
豆本の表紙に使うのに、色数も豊富なので、とりあえず金文字用に暗めの色を5-6色買ってみたのですが、ついでに色見本サンプルも買ってみました。

http://www.gazaihanbai.jp/products/detail/product_id/26954.html

ラシャ紙というと、イメージしていたのは、ラシャラシャって音のしそうな、ペラペラな紙を想像していたのですが、普通の画用紙ですね。
価格も四六判(しろくばん) 788mm×1091mmで一枚200円程度ですから、8つ切りだと一枚25円ぐらいです。
100gと130gの厚さがあり、確かに画用紙の厚さです。
表面はなめらかで、とにかく色数が豊富なので、サンプルを見ているだけで愉しいです♪

紙ってホントにいろいろあるんですねぇ〜
わたしは、どうやら紙が好きのようです。
手芸で毛糸は好きですが、布にはあまり興味がありません。
もちろんリバティやソレイアードなどの、美しいプリント布は好きですが、布に対して恍惚感というものがありません。
好きなものを眺めていたり、触ったりしていると、ワクワクとした恍惚感を抱きませんか?
わたしは、他にハサミが好きで、ハサミを見ているだけで、うっとりとしてきたりします(笑)

なので、紙を切るときには、ホントはハサミを使いたいのですが、やむを得ずカッターを使ってはいますが。
ハサミで布を切る感覚と、紙を切る感覚はまったく違います。
紙を切るときの、あのシャキッとした潔さ?!
快感です!♪(笑)

posted by 吉祥 at 03:22| Comment(0) | 材料